夏至・初候【乃東枯(ナツカレクサカルル)】”Self-heal withers”

本日の【七十ニ候の書き下ろし】”Japan’s 72 Microseasons”

今日から二十四節気は、一年で一番昼が長い【夏至】。
そして、七十二候は【乃東枯(ナツカレクサカルル)】。

↓書き下ろし動画をご覧いただけます♪
https://youtu.be/5fQCmwkIiPg

二十四節氣「夏至”Summer solstice”」(第十節気)
七十ニ候「乃東枯(ナツカレクサカルル)”Self-heal withers”」(第二十八候)

乃東(だいとう)とは、夏枯草(なつかれくさ)、靫草(うつぼぐさ)の事で、茶色くなった花穂は生薬として用いられてきました。

淡路島でも昔は咲いていたみたいですが、今はどこにも見当たらないので徳島県の神山にある「岳人の森」まで行ってきました。

夏至は陽のエネルギーが最も高まり、一年の折返しでもあります。

そんな日は、ゆっくりと自分自身の心の声を聞きながら温かいお茶をいただくのもいいですね♪

今日も季節や心の移ろいを感じながらお茶をいっぷく。

《二十四節氣・七十ニ侯》
夏至・初侯 6/22~6/26
乃東枯(ナツカレクサカルル)”Self-heal withers”

『6月の茶聞道』
2日(日)香川・高松市〈満席〉終了
2日(日)香川・さぬき市〈満席〉終了
4日(火)広島・福山市〈満席〉終了
『7月の茶聞道』
6日(土)香川・さぬき市〈席有り〉
11日(木)京都・上林〈席有り〉
12日(金)京都・京都市
14日(日)神奈川・横浜市〈席有り〉
15日(月)東京・代々木上原〈席有り〉
18日(木)東京都内〈一部/満席・二部/席有り〉

※七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は日本の気候風土に合うように改訂されている。〜Wikipediaより〜

#二十四節氣七十二候
#夏至
#乃東枯
#心の在り方
#台湾茶
#中国茶
#自然栽培
#創作篆書体
#てらきち
#てらきちの書

最新情報をチェックしよう!
>書と茶聞道てらきち

書と茶聞道てらきち

二十四節季七十二候は、約5日に一度おとずれる季節のたより。淡路島にある築76年の我が家や、キャンピングカーで旅した先にある季節の風景と、書と茶の時間。そんな季節を感じる動画をお届けしています。ぜひご覧ください。

CTR IMG