桃始笑(モモハジメテサク)First peach blossoms

本日の【七十ニ候の書き下ろし】
桃始笑(モモハジメテサク)First peach blossoms

二十四節氣「啓蟄」(3/24)
七十ニ候「桃始笑」(8/72)

春を待ち望んでいた木々の芽が綻び始め、一つまた一つと花を咲かす時節となってきました。それをみた昔の人は、まるで木々が笑っているかの様に見えたのでしょう。

【桃始笑】と書いて「モモハジメテサク」。

【心始笑】と書いて「ココロハジメテサク」と解く。

さて、その心は?

頑張りすぎてるあなたの心の緊張が綻び、今日からは心の本質(在り方)に耳を傾け、心が踊る毎日を♪

お後がよろしいようで。

そんな時は『桃』繋がりで、台湾の桃園縣の名産でもある、茶葉にお湯を注ぐと、まるで踊りを踊っている様に見える台湾の銘茶【東方美人Dōngfāng měirén】を♪

きっとあなたの心も踊りだしますよ〜(^o^)

今日も季節や心の移ろいを感じながら
お茶をいっぷく。

《二十四節氣・七十ニ侯》
啓蟄・次侯 3/11~3/15
桃始笑(モモハジメテサク)

※七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は日本の気候風土に合うように改訂されている。〜Wikipediaより〜

#二十四節氣七十二候
#啓蟄
#桃始笑
#心の在り方
#台湾茶
#中国茶
#東方美人
#自然栽培
#創作篆書体
#てらきち
#てらきちの書

最新情報をチェックしよう!
>書と茶聞道てらきち

書と茶聞道てらきち

二十四節季七十二候は、約5日に一度おとずれる季節のたより。淡路島にある築76年の我が家や、キャンピングカーで旅した先にある季節の風景と、書と茶の時間。そんな季節を感じる動画をお届けしています。ぜひご覧ください。

CTR IMG