玄鳥至(ツバメキタル)Swallows return

本日の【七十ニ候の書き下ろし】
玄鳥至(ツバメキタル)Swallows return

↓書き下ろし動画をご覧いただけます♪

二十四節氣「清明」(第五節気)
七十ニ候「玄鳥至」(第十三候)

清明とは「清浄明潔」
玄鳥とは「ツバメ」の別名。

今日から第五節氣の清明に入りました。
明るく清らかな日差しが、草木を照らし、新しい息吹を感じさせてくれます。

そして、南に渡った燕が戻ってきて巣作りをする時節となりましたね♪

燕といえば、新潟県燕市の伝統工芸で、一枚の銅を叩いて継ぎ目なく作る「鎚起銅器(ついきどうき)」があります。

通常の銅製のヤカンはお茶の味を落とすのでオススメしませんが、燕市の鎚起銅器は内側に錫引きしてあるので、銅に触れず、水やお茶をまろやかにしてくれます。

錫引きのヤカンで湯を沸かし、錫の急須でお茶を淹れると素晴らしく美味しいお茶をいただくことが出来ますよ♪

今日も季節や心の移ろいを感じながら
お茶をいっぷく。

《二十四節氣・七十ニ侯》
清明・初侯 4/5~4/9
玄鳥至(ツバメキタル)

※七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は日本の気候風土に合うように改訂されている。〜Wikipediaより〜

#二十四節氣七十二候
#清明
#玄鳥至
#心の在り方
#台湾茶
#中国茶
#鎚起銅器
#自然栽培
#創作篆書体
#てらきち
#てらきちの書

あなたの魂をあらわす書【心眼の書】

何枚も何百枚も書きその中から作品を選ぶ事は一切せず、依頼者と対面し墨を磨ることから始まる・・・・

その静寂の中から自分自身を感じてもらい悟りの境地へと誘う【心眼の書】

これまでに5万人以上に書き下ろし「心に秘めていた思いを形にしてくれた」
老若男女が涙を流して感動したてらきちの書で、あなたの魂を現してみませんか。

その【心眼の書】の中から見えてくるメッセージを受け取り、やり方ではなくあなたの心の在り方のままに《人生の全てを信頼しきって、ゆっくりと今を楽しむ。》

書とともに、そんな方法をお伝えします。

ビジネス面でも、生活面でも、大きな変化のタイミングとなることでしょう。

あなたの心の奥底から生まれ出る【心眼の書】
ご依頼/詳しい説明はこちら

Related Entry

竹筍生(タケノコショウズ)"Bamboo shoots sp...

蟄虫啓戸(スゴモリノムシトヲヒラク)Hibernating ...

水泉動(シミズアタタカヲフクム)

蛙始鳴(カワズハジメテナク)Frogs start sing...

菜虫化蝶(ナムシチョウトナル)Caterpillars be...

虹始見(ニジハジメテアラワル)First rainbows