誰でも幸せになれる法則♪その二

さて、さて、先日ブログで書いた
誰でも幸せになれる法則♪の続きじゃ。

誰でも幸せになれる法則♪その一は←こちら

★あらすじ★
・・・数ヶ月前(台湾の自宅にて)・・・

なんと!!!!
月9のドラマを作ることになったぞい!!
ドラマの番組名は「幸せ」じゃ。

主演はもちろんわしじゃ(ノ´∀`*)

・・・後日(番組放送開始)・・・

プロデューサーは、頭を絞って視聴率を稼げる物語にしようと必死じゃ(笑)
まあ、順風満帆な物語よりも問題が発生し傷つき自信を失いながらもひとつずつ乗り越え成長していき本当の幸せとはなんであるかに気づいていくほうが物語的には面白いわいのぉ。
★あらすじ ここまで★
さて、第1話目はこうじゃ。
「サラリーマン幸太郎」
すごく親思いで優しい幸太郎。でもお父さんが始めた印刷工場に就職するものの、やることなすことうまくいかず失敗ばかり。自信を失いつつも周りの期待に応えるために朝から夜中まで仕事仕事の毎日。彼の取り柄はどんな時も周りをホッとさせる純粋な笑顔。
でも、ある朝急に父親が倒れ他界。急に会社を継ぐことに。。。。

第2話
「幸太郎 会社が借金まみれ!?」
幸太郎が引き継いだ印刷会社。実は他界する3週間前に父親が連帯保証人となっていた親友が夜逃げし3億円の借金を背負うことに。。。父親はみんなに心配かけさせまいと誰にも話さずに、一人借金問題を抱え肉体的にも精神的にもボロボロになって他界したことがわかり、一生懸命みんなを思い働き続けてきた父の背中を見てきた幸太郎は「父のしてきたことは正しかったと証明するために」さらにがむしゃらに仕事をする

第3話
「幸太郎 初めての大仕事」
取引先の事務所に打ち合わせにいった幸太郎。途中、重い荷物を一人で運んでいる老婆を見かけ一緒に目的地まで運んで助けるが取引先との約束時間に遅れてしまう。必死に謝るも「時間を守れない奴に大きな仕事を任せられるわけがない」と取引きの話がなくなりかけたその時、奥から出てきたのは先ほど荷物をもってあげた老婆だった。

第4話
「裏切り」
老婆のおかげで東京おりんピックの広報チラシを受注できた幸太郎。だが信頼していた右腕に全ての案件を持ち逃げされる。

どうじゃ!!わしの脚本もなかなかじゃろう
え???どこかで聞いた話じゃって??
カッカッカッカッカッカ
そうじゃ。これはよくある話じゃ。
なにが言いいたかというとのぉ

番組のプロデューサーは、幸太郎(主人公)にとっての幸せとはどういうものかを知らんのじゃ。

もっというとのぉこの世の中には良い事も悪い事もないんじゃ。ただあるのはその出来事だけ。

プロデューサーは幸太郎がはっきりと自分にとって幸せとはこうである!!と言わんから、「しゃあない幸太郎が幸せとはどういうものか知らんのなら色々経験していく中で自分にとっての幸せに気づいてもらおう。
そういえば第1、2、3、4話みたいな出来事があってある大富豪は幸せとは何かに気がつき成功していったやつがおったなあ」と脚本を書きドラマが始まっていくんじゃ。

はじめにも書いたように、みなのしゅうも人生とは順風満帆でどんどん成長し、どんな些細な事にも幸せに気付き悟っていくっていうイメージよりも、どん底を味わいそこから幸せとは?人生とは?って悟っていくって思っておらんかえ?

そう!そのドラマとはわしも含め皆の衆のそれぞれの人生じゃ。
成功や幸せなど成果が現れる前は、必ず嫌な事があってそれを乗り越えてこそ幸せになれるって思うてないかえ?わしはそう思うておった。

でも、これでは次の成功や幸せを手に入れる前には、また嫌な事を経験しないかん。というより自分自身がそれを選んでいるんじゃ。だからどこまでいっても満たされないし不安がつきまとう。

だから、わしの人生のドラマもそうだったし、どこか不安もあったんじゃ。
でも、幸せになりたし、今が幸せだと思いたいからいつもプロデューサーに向かって「幸せだ」って言葉を何度も使ってたんじゃよ。

だからいろんな幸せストーリーの良い事も悪い事も(さっきも書いたが良いも悪いも実はないからのお)見せてくれてたんじゃ。

では、どうやったら人生のプロデューサーが、わしが思う最高の幸せストーリーを作ってくれるかというと
【自分にとって幸せとはどうであると”””具体的”””に答えること】じゃ!!!
あとは、この前に話した、自分の見たい世界の周波数に合わすとそれ以外がかからんようになるからのぉ♪
読み忘れた者は下記のてらきちブログを暇なときに読めばええ♪

超簡単に自分が見たい世界を具現化する方法!

誰でも幸せになれる法則♪その一は←こちら

あなたの心の奥底から生まれ出る

【てらきちの心眼の書】

何枚も何百枚も書きその中から作品を選ぶ事は一切せず、依頼者と対面し墨を磨ることから始まる。
その静寂の中から自分自身を感じてもらい悟りの境地へと誘う【心眼の書】

これまでに5万人以上に書き下ろし「心に秘めていた思いを形にしてくれた」
老若男女が涙を流して感動する。

その【心眼の書】の中から見えてくるメッセージを受け取り、やり方ではなくあなたの心の在り方のままに《人生の全てを信頼しきって、ゆっくりと今を楽しむ。》

そんな一歩を歩み始めませんか?

あなたの心の奥底から生まれ出る【心眼の書】
ご依頼/詳しい説明はこちら

Related Entry

超簡単に自分が見たい世界を具現化する方法!

てらきち遍路

甘えていい。全てを信頼していい。

「執着を手放すと全てが軽くなる」

ズバーーーーン!と自分らしく輝いて生きる悟り方

「もう苦行は要らない!!」書の武者修行(四国遍路無一文の旅)...

「道は開けてるよーー♪」書の武者修行(四国遍路無一文の旅)3...