武夷という品種の茶葉。

武夷という品種の茶葉。

中国の武夷山から台湾に移植されたんだと思うけど、どこを調べても詳しい経緯が分からず。

台湾では30年前までは主に重発酵、熟茶として作られていたそう。

今回伺った茶農家は自然生態で育て、武夷の製茶は実験中ということ。

軽発酵、軽焙煎で仕上げたこの茶葉。

乾燥時は煎茶の様な少し出汁の効いた香り。

少し酸味を感じるが口の中で甘味が徐々に広がり余韻も楽しめる。

これもまた一年置いたらどんな変化を楽しめるだろうか?

あなたの心の奥底から生まれ出る

【てらきちの心眼の書】

何枚も何百枚も書きその中から作品を選ぶ事は一切せず、依頼者と対面し墨を磨ることから始まる。
その静寂の中から自分自身を感じてもらい悟りの境地へと誘う【心眼の書】

これまでに5万人以上に書き下ろし「心に秘めていた思いを形にしてくれた」
老若男女が涙を流して感動する。

その【心眼の書】の中から見えてくるメッセージを受け取り、やり方ではなくあなたの心の在り方のままに《人生の全てを信頼しきって、ゆっくりと今を楽しむ。》

そんな一歩を歩み始めませんか?

あなたの心の奥底から生まれ出る【心眼の書】
ご依頼/詳しい説明はこちら

Related Entry

台湾烏龍茶好きにオススメのマニアックな本

ゆっくりと時をかける楽しみ

思いっきりぐーたらして、毎日本読んで、海行って、お茶飲んで、...

生紅茶でアフタヌーンティー

紅烏龍茶「台東縣鹿野郷」

花蓮市富里郷の密香烏龍茶(有機茶園)に行ってきた