CATEGORY

二十四節氣・七十二候の書

  • 2019年1月10日

水泉動(シミズアタタカヲフクム)

【二十四節気七十ニ侯】 小寒・次侯 1/10~1/14 今日から水泉動(シミズアタタカヲフクム)。 地上は寒さで凍りつき、動きが無いように見えても、この時期から地中では春に備え様々なものが動き始めます。 「水泉」とは湧き出る泉のことで、地中の水が溶け […]

  • 2019年1月6日

芹乃栄(セリスナワチサカエル)

【二十四節気七十ニ侯】 小寒・初侯 1/6~1/9 今日は芹乃栄(セリスナワチサカエル)。 小寒に入り、一年で最も寒さの厳しい節氣となってきました。 次の大寒はもっと寒いの??? いえいえ、諺にもある様に、 【小寒の氷、大寒に解く】 と言われていて、 […]

  • 2019年1月1日

雪下出麦(ユキワタリテムギノビル)

【二十四節気七十ニ侯】 冬至・末侯 1/1~1/5 新年明けましておめでとうございます! 今年も皆様にとって素敵な一年となりますように♪ 今日は雪下出麦(ユキワタリテムギノビル)。 降り積もった雪の下で、少しづつ麦の芽が顔を出す頃となりました。 自分 […]

  • 2018年12月27日

麋角解(サワシカノツノオツル)

【二十四節気七十ニ侯】 冬至・次侯 12/27~12/31今日は麋角解(サワシカノツノオツル)。 「解」の字はオス鹿の角で書いてみました♪ 毎年、今の時期にオス鹿の角は自然と落ちて、また春頃には新しい角が生えてきます。 そんな今日は肩の荷もポロッと落 […]

  • 2018年12月22日

乃東生(ナツカレクサショウズ)

【二十四節気七十ニ侯】 冬至・初侯 12/22~12/26 今日は冬至。七十ニ候は乃東生(ナツカレクサショウズ)。 乃東(だいとう)は、うつぼ草の事で、冬至の頃に芽を出し、夏至の頃に枯れ、漢方では 夏枯草(かこうそう)といわれています。 『 英語名で […]

  • 2018年12月17日

鱖魚群(サケノウオムラガル)

【二十四節気七十ニ侯】 大雪・末侯 12/17~12/21 今日から鱖魚群(サケノウオムラガル)。 川から大海へ出た鮭が、次へと命を繋ぐため、生まれた川に戻ってくる季節となります。 人間もまた毎日、毎朝、生まれ変わります。 「朝」という字は十月十日( […]

  • 2018年12月12日
  • 2018年12月13日

熊蟄穴(クマアナニコモル)

【二十四節気七十ニ侯】 大雪・次侯 12/12~12/16 今日から熊蟄穴(クマアナニコモル)。 この頃になると木の実などを食べた熊は、たっぷりと栄養分を蓄え、冬ごもりに入っていきます。 冬はダイエットなどとは言わずに、栄養価の高い季節の食べ物をしっ […]

  • 2018年12月7日
  • 2018年12月13日

閉塞成冬(ソラサムクフユトナル)

【二十四節気七十ニ侯】 大雪・初侯 12/7~12/11 今日から閉塞成冬(ソラサムクフユトナル)。 二十四節氣は「大雪」。 雲が空を覆い、雪が地を覆う。 天と地の氣が塞がれ、本格的に冷え込み出してきます。 生き物達も氣をひそめ、ゆっくりと春の訪れを […]

  • 2018年12月2日
  • 2018年12月13日

橘始黄(タチバナハジメテキバム)

【二十四節気七十ニ侯】 小雪・末侯 12/2~12/6 今日から橘始黄(タチバナハジメテキバム)。 橘とは日本に自生する倭橘(やまとたちばな)の事。 古来より大切にされてきた聖木で、『日本書紀』や『古事記』、『万葉集』では、「非時香果( ときじくのか […]

  • 2018年11月27日
  • 2018年12月13日

朔風払葉(キタカゼコノハヲハラウ)

【二十四節気七十ニ侯】 小雪・次侯 11/27~12/1 今日から朔風払葉(キタカゼコノハヲハラウ)。 朔風とは北風のこと。北風が吹き木の葉を散らす季節です。 冷たい冬の訪れは、厳しいものですが、地に落ちた木の葉は土に返り、命を繋いでいきます。 台湾 […]

  • 2018年11月22日
  • 2018年12月13日

虹蔵不見 ニジカクレテミエズ

  【二十四節気七十ニ侯】 小雪・初侯 11/22~11/26 今日から虹蔵不見(ニジカクレテミエズ)。 太陽の日差しもだいぶ弱まり、空氣が乾燥し虹も現れにくい季節となってきました。 そんな中でも、季語に「冬の虹」もあります。 立ち止まって […]

  • 2018年11月17日
  • 2018年12月13日

金盞香(キンセンカサク)

【二十四節気七十ニ侯】 立冬・末侯 11/17~11/21 今日から金盞香(キンセンカサク) このキンセンカとは金盞花ではなく水仙。 金盞とは黄金の盃の事で、 水仙の花の中のあの黄色い冠を黄金の盃に例え、 水仙の事を金盞銀台とも呼ばれている。 今日も […]

  • 2018年11月13日
  • 2018年12月13日

地始凍(ちはじめてこおる)

地始凍(ちはじめてこおる) 11/12~11/16 寒さで大地が凍り始め、 朝晩の冷え込みが厳しくなってきます。 こんな日は身体を温める発酵茶を。 プーアル茶や烏龍茶でまったり。

>書と茶聞道てらきち

書と茶聞道てらきち

二十四節季七十二候は、約5日に一度おとずれる季節のたより。淡路島にある築76年の我が家や、キャンピングカーで旅した先にある季節の風景と、書と茶の時間。そんな季節を感じる動画をお届けしています。ぜひご覧ください。

CTR IMG