今日から無一文でスタートし四国巡礼を始めました!

 

dsc06993

正副寺の副住職イエーイ青木さんが誘ってくれて急遽、一番札所の奥の院「東林院」で早朝の勤行に参加させていただけました!しかも、僧侶の皆さんが拝まれている中に一緒に入り朝6時から始まりました。

読経にはリズムがあり、まるでコンサートを聴いているような、それでいて身が引き締まるような不思議な空間。

その後、僧侶の将一さんが説法して下さり、その話しが分かりやすいのなんのって。どっぷり聞いて時間が経つのなんて、あっちゅうま。

気が付けば、昼前!?!?
えっ?歩き遍路は??
まだ一番札所にも行けていないのに?

そう!僕が大切にしているのは、先に先にと進むことではなく、その出逢い、その時間を大切にしたいんです。

なので、次の事なんて気にせず、説法の後は。。。

dsc06994

書を奉納させていただきました\(^o^)/
今回、やりたかった書の経験が梵字を書く事!
それぞれのお寺のご本尊様の梵字を感じたまま書いてみたいと思って。もちろんいつもの僕のスタイルで練習なんてせず、その一筆に魂を込め書き下ろし。

しかも、この墨は僕の同級生が藍の農家で、そこで復活させた幻の藍墨なんです!!
徳島の藍農園と鈴鹿の墨職人の技と心意気で蘇った 幻の藍の墨

実は東林院さんのご本尊様が愛染明王さん。
これは、藍の墨を使わないといけないでしょう!!
ひょんな事で同級生が台湾に送ってくれた藍の墨を歩き遍路のどこかで使うやろうと持ってきて、まさか初磨りを初参りで使う事が出来るなんて!!

 

dsc06996 dsc07011

歩き遍路の歴史の中で、一日の移動距離最短記録達成!?

さて、さて、無事奉納も終わり、流石に今日一日雨の予報だったのに晴れていた午前中も、荷物をまとめていると大雨が降り出し、、、
やめませんよ。ここでは(笑)

imag1584

手編みの七草草履の達磨工房の真也さんが出発前に高松に届けに来てくれ、かなさんのお母さんが、お接待させて欲しいと言って買ってくれた、僕の相棒となる草履に履き終えると、雨がほとんど感じないぐらいの小雨に!

さてさて、途中の郵便局で全所持金を預け、文字通り無一文で晴れてスタートです♪

僕の遍路傘は普通のよりも大きくて、やっと見つけた柿渋染めの日本の職人さんが作ったお気入りなんですが・・・
大きすぎて、後のバックに当たりそのままでは下を向いて歩くか、バックを背中から離し前を向くかの二つに一つ!!!!!
こんな事になろうとは!バックパックは身体に密着してはじめて本領を発揮するのが、これではこれではかなりの負担が!!!

4、50分で行ける距離がなんと!おおよそ一時間半もかかり、全身がバキバキに!!(笑)
ありがたい事に、一番札所にまでは雨が振らず到着後、直ぐ大雨になり、ここで一休み、一休み♪

imag1619

って!なんで無一文の僕がおむすびを持っているんだと不審がった、みなさん!これはなんと!東林院の僧侶の将一さんが握ってくれたんです!
書を奉納するって言う前に、八十八箇所の野宿出来る場所、そして善根宿の場所などをコピーしてくれて、しかもおむすびまで握ってくれていたんです!!

その、愛のおむすびを一つここでいただきました♪
残りの一個は大切に晩御飯とって♪
うまーーーーーーーい!
美味いぞーーーーーーーーーー!
なんだこの甘さ、旨さ!

あのゴツい手、もとい男らしい手からは想像できないほど、しっかり握っているはずなのに、ほっこりするぐらい柔らかい「おむすび」

ほんとに、感謝、感謝です!!

あっ、もうここまで、この続きは明日書きます!
流石に、フラフラ眠たくなってきました(笑)

では、おやすみなさい。
みなさまにも、素敵な一日となります様に。

【なぜ僕は今回、無一文でスタートし四国八十八箇所を歩いて巡礼しているか】

あなたの心の奥底から生まれ出る

【てらきちの心眼の書】

何枚も何百枚も書きその中から作品を選ぶ事は一切せず、依頼者と対面し墨を磨ることから始まる。
その静寂の中から自分自身を感じてもらい悟りの境地へと誘う【心眼の書】

これまでに5万人以上に書き下ろし「心に秘めていた思いを形にしてくれた」
老若男女が涙を流して感動する。

その【心眼の書】の中から見えてくるメッセージを受け取り、やり方ではなくあなたの心の在り方のままに《人生の全てを信頼しきって、ゆっくりと今を楽しむ。》

そんな一歩を歩み始めませんか?

あなたの心の奥底から生まれ出る【心眼の書】
ご依頼/詳しい説明はこちら

Related Entry

NO IMAGE

「実は海上を舟で移動した空海さん」書の武者修行(四国遍路無一...

「執着を手放すと全てが軽くなる」

てらきち遍路

甘えていい。全てを信頼していい。

NO IMAGE

歩き遍路に行く前に。台湾で最後の晩餐。

NO IMAGE

「弱みを見せられる仲間がいる事は有り難い書の武者修行」(四国...

NO IMAGE

「結婚しました!?」書の武者修行(四国遍路無一文の旅)32日...