茶聞道

茶に聞き、舌に聞き、心に聞く。

お茶を味わいながら、自分の在り方を知る。てらきち考案の独自の台湾茶藝。それが「茶聞道(ちゃもんどう)」です。

自然栽培や無農薬台湾茶を淹れる、飲む、という時間を通して、愉しみながら自分の在り方を見いだしてみませんか。

僕が台湾茶と出合ったのは、台湾に移住してからです。

台湾では貿易会社を立ち上げ、無農薬や有機の薬膳食材を日本に販売していました。取引先の農家さんや会社を訪れ、友人を訪れるたび、台湾茶を通してさまざまな人と時間が交流する、あの不思議で豊かな時間にすっかり心を奪われてしまったのです。

しだいに台湾茶に没頭し、ひょんなことから著名なお茶の老師の早朝稽古に参加することになり、毎日何時間も台湾茶を飲み歩くようになりました。ですが、台湾茶にはまって数ヶ月後、茶葉の農薬で喉がアレルギー反応を示すようになったのです。しばらくはお茶から遠ざかることとなりました。

その後、無農薬栽培の農家さんが淹れてくれた無農薬茶がきっかけとなり、喉の問題には茶葉に使われている農薬が影響していたことに気づきます。それからは、無農薬や自然栽培の茶葉を求めてあちこちの茶農家を訪ね、製茶師とともに製茶をするまでとなりました。

そんな数年間を通して、日々の暮らしの中に茶会の時間があることで五感が研ぎ澄まされ、心ものびやかに豊かになることを実感するようになりました。台湾でも、日本に戻ってからも、たくさんの友人知人とお茶の時間をもちました。リラックスして笑顔になる人、失くしていたものに気づいて涙を流す人、ただ静かに癒される人・・・。

そうして、たくさんの人とお茶を飲むことで、茶聞道は生まれました。

茶に聞き、舌に聞き、心に聞く。

自然栽培や無農薬台湾茶を味わいながら、自分自身の心と対話する台湾茶藝「茶聞道(ちゃもんどう)」が形となりました。現在、日本全国で講座を開催中です。

お茶の淹れ方や飲み方、品種といった話もさせていただきますが、知識だけを学ぶ講座ではありません。自分の体と心に目を向ける時間をご一緒しましょう。

四国・東京・京都各地で開催しております。開催スケジュールはてらきちFacebook でお知らせしております。(よくアップするのを忘れるので、Facebookかお問い合わせページからお問い合わせいただけたらありがたいです。)

→ 茶聞道の主催をご希望される方へ

茶聞道は、少人数でゆっくりとお茶を楽しみ、出逢いを楽しみ、自分を見いだす時間となります。お友達同士でも大丈夫ですし、カフェや雑貨屋さんの主催という場合もあります。

ご希望の方が多い場合、2部制、3部制にすることも可能です。茶道具や茶葉はこちらですべて用意いたします。旅行がてらキャンピングカーでかなさんやシーフーと共に、どちらへでも伺います。ぜひお気軽にお問い合わせください。

時間:2時間
定員:6名
場所:落ち着いてお茶を飲みながら話ができるところ
金額:6000円(おひとり。お茶代もふくみます)

>書と茶聞道てらきち

書と茶聞道てらきち

二十四節季七十二候は、約5日に一度おとずれる季節のたより。淡路島にある築76年の我が家や、キャンピングカーで旅した先にある季節の風景と、書と茶の時間。そんな季節を感じる動画をお届けしています。ぜひご覧ください。

CTR IMG